2005年10月13日

レンジインタビュー発見

ちょっと報告
ここの後半辺りで
沖縄でけっこう長めのインタビューがありました。

アルバムのタイトル通り「ИATURAL」な雰囲気のインタビューで、
イイ感じだったんで、
5分くらい暇が出来たら見てみてね〜
posted by 隠れオレンジレンジファン at 21:11| Comment(32) | TrackBack(1) | オレンジレンジニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ИATURAL初日で130万枚を売り上げる

レンジカフェさんに書いてあったけど、
オレンジレンジのサードアルバム「ИATURAL」が、
初日で130万枚を売り上げちゃったんだってね!!

(*^^)v v(^^*) ヤッタネッ!

セカンドアルバムの『musiQ』が累積売上262万枚だったけど、
「ИATURAL」は、どこまで伸びていくのか楽しみだね〜♪

俺的には、もちろん『musiQ』の売り上げは越えて欲しいけど、
今回のアルバムは、よりマニアックな部分も多いから、
一般ウケするかどうかはちょっと・・・・・

どれだけ、新しい部分のオレンジレンジが、
時代に受け入れられるかが、
おそらく数字に表れてくるんだろうね。
posted by 隠れオレンジレンジファン at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | オレンジレンジニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

ИATURALの感想3回目

2回目と3回目は続けて聴いたんで、
まとめてと言う事で、、、


改めて聴き直す「ИATURAL」


1.「yumekaze」
壮大な音の広がりを感じさせるこのスケール感、
1曲目のchoice良い感じなんじゃないですか〜?

2.「夢人」
こりゃまた、NAOTO色な電子サウンドの氾濫する曲ですね。
バカっぽい歌詞もレンジっぽさを、しっかりアピールしてます。

3.「お願い!セニョリータ」
言わずと知れた2005年の夏ソング、
やっぱ夏はレンジの季節だわね〜w
これ聴く時は、何も考えないのが一番さ!!

4.「Winter Winner」
パンクチックなエッセンスを取り込んだこの曲、
ただのパンクでなく、レンジ色に染まってるのがミソでしょう。

5.「CRAZY BAND」
またまたテクノチックな曲、
ちょっとキャッチーな曲が好きな俺としては、
休憩の曲みたいな感じ!?
まぁ、3回目だからw
今から味が出てくんだろうけどね。

6.「雨」
YOHのベースがイイ味出してるよね〜
ピアノもJazzっぽさを演出してて、超イイ感じ
全体としては、不思議な印象だけど、
サビは一発で気に入りました。

7.「GOD69」
チェストとか、レンジの中でもこの手のゴリゴリした曲
大好きなんだよね〜♪
真ん中辺りのギターのリフなんか、ちょっとコジャレタ感じで
チェックポイントかもよ?

8.「HYSTERIC TAXI」
「Winter Winner」以上の超PUNKチューンというか、
リズムがコロコロ切り替わるとことか、メロコアっぽい曲。
新しく広げたレンジの一部となる曲なんだろうね。

9.「pe nyom pom」
なんだこりゃ、って思ってしまったよw
超レンジ色の「pe nyom pom」
これはっ・・・・・・
賛否両論になりそな曲ですね〜

10.「盃 jammer」
なんかこれ、お経っぽいなぁ
しばらくしたら味が出てくるんだろうけど、
たまにイイメロディーが出てくるのは、
聴き逃してませんよ〜〜

11.「*〜アスタリスク」
アルバムに入ってるシングルの中でも、
アスタリスク良いよね〜〜?
まぁ、「ミーハーだね〜」
なんて声も聞こえてきそうだけど、
歌モノ好きなんだよね〜 
これは好みの問題なんでしょうがない ゴメン<(_ _)>

12.「sunrise」
タイトルと真逆!
レンジらしいというか、何と言うか
俺の眠気を誘ったナンバー1の曲w

13.「U topia」
電子なイントロに合わせたように、ベースの音が特徴的な曲
ギターもとんでもなく歪んでて、挑戦的な印象を受けた。
っていうか、レンジは常にチャレンジャーだよね!?

14.「BETWEEN」
レニークラヴィッツのサーカスでも始まりそうな
ギターの音!?ベースの音!?がイカす感じ。
何か、これライブで盛り上がりそうな気がする。

15.「re-cycle」
若干「yumekaze」に近いスケール感を感じさせる曲。
シングル&タイアップ曲以外では、
エフェクターかかりまくって
不思議っぽい雰囲気に仕上がってるけど、
一番歌モノっぽくて、好きな部類かな?

16.「キズナ」
雑誌のインタビューでは、
「カッチャンみ限らず、同級生の友達、苦しい人にも向けて書く」
って書いてあった「キズナ」
「キズナ」を聴く度にせつなくなってくるのは、
俺だけでしょうか?

17.「ラヴ・パレード」
ラヴ・パって、サビももちろん良いけど、
AメロとBメロも好きなんだよね〜。
こういう歌モノも、もちろんオレンジレンジ。

18.「Natural Pop」
雑誌でNAOTOが、今回アルバムは、
色んなジャンル色んな形を取り入れて、
進化したオレンジレンジだけど、
根底にあるのは、POPさ。
必ずどこかにPOPさを入れるのがオレンジレンジだって、語ってました。
この曲にも色んなモノが詰まってるけど、
これ聴くと、その意味がなんとなく分かるような気がするよ。

19.「kirikirimai Fantastic Four Remix」
確かアメリカのスタッフがリミックスしてたと思うけど、
原型はしっかりと残しつつ、
おもしろいアレンジがしてあって楽しめた。

俺の感想はこんな感じ、
ちょっと辛口な部分もあるけど、
聞き込むにつれてどんどん味が出てくると思う。

このアルバムを聴いて、
レンジっぽさって何だろうと改めて考えてみたんだけど?


・綺麗なハモリ


・多様なコーラス


・遊び心満点のバカっぽさ


・テクノっぽく、たまに意味不明な電子音


・ジャンルにこだわらない姿勢


こんな感じかな?なんか追加あったら教えて下さい<(_ _)>
posted by 隠れオレンジレンジファン at 21:02| Comment(4) | TrackBack(2) | オレンジレンジニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ИATURALの感想3回目

2回目と3回目は続けて聴いたんで、
まとめてと言う事で、、、


改めて聴き直す「ИATURAL」


1.「yumekaze」
壮大な音の広がりを感じさせるこのスケール感、
1曲目のchoice良い感じなんじゃないですか〜?

2.「夢人」
こりゃまた、NAOTO色な電子サウンドの氾濫する曲ですね。
バカっぽい歌詞もレンジっぽさを、しっかりアピールしてます。

3.「お願い!セニョリータ」
言わずと知れた2005年の夏ソング、
やっぱ夏はレンジの季節だわね〜w
これ聴く時は、何も考えないのが一番さ!!

4.「Winter Winner」
パンクチックなエッセンスを取り込んだこの曲、
ただのパンクでなく、レンジ色に染まってるのがミソでしょう。

5.「CRAZY BAND」
またまたテクノチックな曲、
ちょっとキャッチーな曲が好きな俺としては、
休憩の曲みたいな感じ!?
まぁ、3回目だからw
今から味が出てくんだろうけどね。

6.「雨」
YOHのベースがイイ味出してるよね〜
ピアノもJazzっぽさを演出してて、超イイ感じ
全体としては、不思議な印象だけど、
サビは一発で気に入りました。

7.「GOD69」
チェストとか、レンジの中でもこの手のゴリゴリした曲
大好きなんだよね〜♪
真ん中辺りのギターのリフなんか、ちょっとコジャレタ感じで
チェックポイントかもよ?

8.「HYSTERIC TAXI」
「Winter Winner」以上の超PUNKチューンというか、
リズムがコロコロ切り替わるとことか、メロコアっぽい曲。
新しく広げたレンジの一部となる曲なんだろうね。

9.「pe nyom pom」
なんだこりゃ、って思ってしまったよw
超レンジ色の「pe nyom pom」
これはっ・・・・・・
賛否両論になりそな曲ですね〜

10.「盃 jammer」
なんかこれ、お経っぽいなぁ
しばらくしたら味が出てくるんだろうけど、
たまにイイメロディーが出てくるのは、
聴き逃してませんよ〜〜

11.「*〜アスタリスク」
アルバムに入ってるシングルの中でも、
アスタリスク良いよね〜〜?
まぁ、「ミーハーだね〜」
なんて声も聞こえてきそうだけど、
歌モノ好きなんだよね〜 
これは好みの問題なんでしょうがない ゴメン<(_ _)>

12.「sunrise」
タイトルと真逆!
レンジらしいというか、何と言うか
俺の眠気を誘ったナンバー1の曲w

13.「U topia」
電子なイントロに合わせたように、ベースの音が特徴的な曲
ギターもとんでもなく歪んでて、挑戦的な印象を受けた。
っていうか、レンジは常にチャレンジャーだよね!?

14.「BETWEEN」
レニークラヴィッツのサーカスでも始まりそうな
ギターの音!?ベースの音!?がイカす感じ。
何か、これライブで盛り上がりそうな気がする。

15.「re-cycle」
若干「yumekaze」に近いスケール感を感じさせる曲。
シングル&タイアップ曲以外では、
エフェクターかかりまくって
不思議っぽい雰囲気に仕上がってるけど、
一番歌モノっぽくて、好きな部類かな?

16.「キズナ」
雑誌のインタビューでは、
「カッチャンみ限らず、同級生の友達、苦しい人にも向けて書く」
って書いてあった「キズナ」
「キズナ」を聴く度にせつなくなってくるのは、
俺だけでしょうか?

17.「ラヴ・パレード」
ラヴ・パって、サビももちろん良いけど、
AメロとBメロも好きなんだよね〜。
こういう歌モノも、もちろんオレンジレンジ。

18.「Natural Pop」
雑誌でNAOTOが、今回アルバムは、
色んなジャンル色んな形を取り入れて、
進化したオレンジレンジだけど、
根底にあるのは、POPさ。
必ずどこかにPOPさを入れるのがオレンジレンジだって、語ってました。
この曲にも色んなモノが詰まってるけど、
これ聴くと、その意味がなんとなく分かるような気がするよ。

19.「kirikirimai Fantastic Four Remix」
確かアメリカのスタッフがリミックスしてたと思うけど、
原型はしっかりと残しつつ、
おもしろいアレンジがしてあって楽しめた。

俺の感想はこんな感じ、
ちょっと辛口な部分もあるけど、
聞き込むにつれてどんどん味が出てくると思う。

このアルバムを聴いて、
レンジっぽさって何だろうと改めて考えてみたんだけど?


・綺麗なハモリ


・多様なコーラス


・遊び心満点のバカっぽさ


・テクノっぽく、たまに意味不明な電子音


・ジャンルにこだわらない姿勢


こんな感じかな?なんか追加あったら教えて下さい<(_ _)>
posted by 隠れオレンジレンジファン at 21:02| Comment(0) | TrackBack(1) | オレンジレンジニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ИATURALの感想3回目

2回目と3回目は続けて聴いたんで、
まとめてと言う事で、、、


改めて聴き直す「ИATURAL」


1.「yumekaze」
壮大な音の広がりを感じさせるこのスケール感、
1曲目のchoice良い感じなんじゃないですか〜?

2.「夢人」
こりゃまた、NAOTO色な電子サウンドの氾濫する曲ですね。
バカっぽい歌詞もレンジっぽさを、しっかりアピールしてます。

3.「お願い!セニョリータ」
言わずと知れた2005年の夏ソング、
やっぱ夏はレンジの季節だわね〜w
これ聴く時は、何も考えないのが一番さ!!

4.「Winter Winner」
パンクチックなエッセンスを取り込んだこの曲、
ただのパンクでなく、レンジ色に染まってるのがミソでしょう。

5.「CRAZY BAND」
またまたテクノチックな曲、
ちょっとキャッチーな曲が好きな俺としては、
休憩の曲みたいな感じ!?
まぁ、3回目だからw
今から味が出てくんだろうけどね。

6.「雨」
YOHのベースがイイ味出してるよね〜
ピアノもJazzっぽさを演出してて、超イイ感じ
全体としては、不思議な印象だけど、
サビは一発で気に入りました。

7.「GOD69」
チェストとか、レンジの中でもこの手のゴリゴリした曲
大好きなんだよね〜♪
真ん中辺りのギターのリフなんか、ちょっとコジャレタ感じで
チェックポイントかもよ?

8.「HYSTERIC TAXI」
「Winter Winner」以上の超PUNKチューンというか、
リズムがコロコロ切り替わるとことか、メロコアっぽい曲。
新しく広げたレンジの一部となる曲なんだろうね。

9.「pe nyom pom」
なんだこりゃ、って思ってしまったよw
超レンジ色の「pe nyom pom」
これはっ・・・・・・
賛否両論になりそな曲ですね〜

10.「盃 jammer」
なんかこれ、お経っぽいなぁ
しばらくしたら味が出てくるんだろうけど、
たまにイイメロディーが出てくるのは、
聴き逃してませんよ〜〜

11.「*〜アスタリスク」
アルバムに入ってるシングルの中でも、
アスタリスク良いよね〜〜?
まぁ、「ミーハーだね〜」
なんて声も聞こえてきそうだけど、
歌モノ好きなんだよね〜 
これは好みの問題なんでしょうがない ゴメン<(_ _)>

12.「sunrise」
タイトルと真逆!
レンジらしいというか、何と言うか
俺の眠気を誘ったナンバー1の曲w

13.「U topia」
電子なイントロに合わせたように、ベースの音が特徴的な曲
ギターもとんでもなく歪んでて、挑戦的な印象を受けた。
っていうか、レンジは常にチャレンジャーだよね!?

14.「BETWEEN」
レニークラヴィッツのサーカスでも始まりそうな
ギターの音!?ベースの音!?がイカす感じ。
何か、これライブで盛り上がりそうな気がする。

15.「re-cycle」
若干「yumekaze」に近いスケール感を感じさせる曲。
シングル&タイアップ曲以外では、
エフェクターかかりまくって
不思議っぽい雰囲気に仕上がってるけど、
一番歌モノっぽくて、好きな部類かな?

16.「キズナ」
雑誌のインタビューでは、
「カッチャンみ限らず、同級生の友達、苦しい人にも向けて書く」
って書いてあった「キズナ」
「キズナ」を聴く度にせつなくなってくるのは、
俺だけでしょうか?

17.「ラヴ・パレード」
ラヴ・パって、サビももちろん良いけど、
AメロとBメロも好きなんだよね〜。
こういう歌モノも、もちろんオレンジレンジ。

18.「Natural Pop」
雑誌でNAOTOが、今回アルバムは、
色んなジャンル色んな形を取り入れて、
進化したオレンジレンジだけど、
根底にあるのは、POPさ。
必ずどこかにPOPさを入れるのがオレンジレンジだって、語ってました。
この曲にも色んなモノが詰まってるけど、
これ聴くと、その意味がなんとなく分かるような気がするよ。

19.「kirikirimai Fantastic Four Remix」
確かアメリカのスタッフがリミックスしてたと思うけど、
原型はしっかりと残しつつ、
おもしろいアレンジがしてあって楽しめた。

俺の感想はこんな感じ、
ちょっと辛口な部分もあるけど、
聞き込むにつれてどんどん味が出てくると思う。

このアルバムを聴いて、
レンジっぽさって何だろうと改めて考えてみたんだけど?


・綺麗なハモリ


・多様なコーラス


・遊び心満点のバカっぽさ


・テクノっぽく、たまに意味不明な電子音


・ジャンルにこだわらない姿勢


こんな感じかな?なんか追加あったら教えて下さい<(_ _)>
posted by 隠れオレンジレンジファン at 21:01| Comment(0) | TrackBack(3) | オレンジレンジニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ИATURALの感想1回目

もうИATURALは聴きましたか??


今、俺は二回目聴いてるところですが、

一回目に聴いた感想を残しておこうと思います。

ぶっちゃけ正直な感想は、





・・・・・・・


これが、ニューアルバム。。


一回目の感想は、


嬉しい裏切りのおかげで、


これもオレンジレンジで、こんなこともオレンジレンジは出来るんだと、


驚かされっぱなしの77分でした。


オリコンの人が言ってたコメントの中で、


「実はORANGE RANGEって、“これからのバンド”だったのである。」


という言葉の意味がよく分かったИATURALの一回目の感想でした(*^^)v それにしても、レンジカフェさんはツワモノだわw
posted by 隠れオレンジレンジファン at 00:17| Comment(0) | TrackBack(1) | オレンジレンジニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

オレンジレンジTV出演ラッシュですね〜

オレンジレンジの
ニューアルバム「ИATURAL」無料公開も、

いよいよ明日正午からと迫ってきましたね。

って言うか、明日の正午には買っちゃって

もう既に聴いてる人もいることでしょう。


まぁ、アルバムが出たらTVに出るってのは、

必然の流れでしょうけど、

一体どんな曲を聴かせてくれるのか?・・?

来週と再来週は見逃さないようにしなければ・・・

一応番組予告を貼っておきますね。続きを読む
posted by 隠れオレンジレンジファン at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | オレンジレンジニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

劇的な変化を遂げる『ИATURAL』

オリコンの特集記事を読んで、何か感じない?

例えば、


「BETWEEN」には70'sハードロック“もどき”のダイナミズムが、「re-cycle」には80'sテクノ・ロックンロール“もどき”のキッチュさが見えるし、RYOがNAOTOにシンセの音色を教えてもらいながら初めて作曲した「盃Jammer」は、打ち込みダンスホール物“もどき”だ。」


ん?・・・


”もどき”・”もどき”って連呼して、


結局のところ何が言いたいのさ?


「この台無し感こそが“ポップ”に思えてくるのだから、凄い」


って一体何なのさ?

何度も読み返してみるけど、

ちょっと落とし過ぎなんじゃないの?

レンジをバカにしてない?

・・・・・っとチョッピリ怒らせておいて、

最後に持ち上げてくれるのかと思いきや、


「実はORANGE RANGEって、“これからのバンド”だったのである。」


だってさ。。。。

ちょっと納得いかない部分が多々あったけど、

落ち着いて落ち着いてC=(^◇^ ;


「今回の詞は、スラプスティックな笑えるタッチが控えめになり、RYO十八番の“明日に向かって生きてくぞ!”的な熱さが、かなり直球で伝わってくる」

ってとこに、かなりな期待をしつつ

アルバム発売までの日々を過ごすことにしようv(o ̄∇ ̄o)


アルバム発売まであと3日・・・
posted by 隠れオレンジレンジファン at 21:56| Comment(5) | TrackBack(0) | オレンジレンジニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

オレンジレンジのライブが大盛況の模様

一般発売日:9月10日(土)だった

ORANGE RANGE LIVE TOUR 005 ИATURAL supported by MATCH

のチケットですが、追加公演があるようです。

チケット発売日は11月12日(土)!

どうしても取れなかった人には、嬉しいお知らせですよね?

詳細は続きを読む
posted by 隠れオレンジレンジファン at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | オレンジレンジニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

12日発売オレンジレンジ「ИATURAL」無料公開!

サードアルバム待ち遠しい日々が続きますね。

知ってる方も多いとは思いますが、

念のためにご報告・・続きを読む
posted by 隠れオレンジレンジファン at 03:53| Comment(1) | TrackBack(1) | オレンジレンジニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。